FXの口座開設審査のときに送付する本人確認書類

  • 初心者向けといえるFX業者の特徴

    • 初心者向けのシステムを兼ね備えているといえるFX業者とはどのようなものになるでしょうか。

      BIGLOBEニュースの情報を集めました。

      まず、デモトレードができると初心者は、本番環境でもスムーズに取引を行うことができます。


      デモトレードとは、為替相場の動きと取引システムは本物で、取引に使う通貨だけでバーチャルというものです。
      簡単にいえば、ゲーム上のFXということになるでしょう。
      なので、いくら取引を失敗しても実際にお金を取られる心配はありません。



      取引システムはFX業者によってまったく違い、統一のマニュアルを作ることはできないので、初心者はまずデモトレードで慣れて使い勝手を把握できるのが理想です。

      取引に必要な証拠金が低いということも初心者向きです。一般的な業者の場合、一万通貨を最低ラインにしているところが多いです。ドルでいうと一万ドルということになり、レバレッジが1倍であれば100万円以上、個人で利用できる最高の25倍でも4万円から5万円以上は必要になってきます。

      まったくの初心者が5万円を入金して、一ヶ月も経たないうちに前額を失ったらかなりのショックでしょうし、その可能性はあります。

      1000通貨や100通貨で取引できる業者であれば、必要な金額は500円から5000円程度で済むので、本当にお試し気分で取引をすることができます。

      安心感が必要な初心者にとっては、銀行が行っているFXサービスは初心者向けといえるでしょう。



      既に銀行口座を持っている場合は改めて身分証明書を提出する必要もなく、口座開設が簡単というメリットもあります。