FXの口座開設審査のときに送付する本人確認書類

  • FXで使われる差金決済とは

    • 物を安く買って高く売ることで利益を上げるというのは商売の基本といえます。

      そして、商売では100万円するものを仕入れる場合、実際に100万円を用意して購入するというのが普通です。

      しかし、FXのような金融取引の場合、100万円を用意しなくても100万円を取引したことにできて、買値と売値の差額を得ることができます。
      具体的にいうと、1ドル100円の状況で4万円をFX会社の口座に入金すれば、25倍のレバレッジで1万ドルを売ることができます。

      NAVERまとめの欲しい情報が手に入りました。

      しかし、口座に入金したのはあくまでも4万円であり、1万ドルを日本円に換算した100万円とはほど遠い額です。



      では、FX取引ではなぜこのようなことが可能なのでしょうか。

      それは差金決済が認められているからです。差金決済は、売買の差額のみの決済ということになるので、1万ドルを買う場合でも100万円を用意する必要はないのです。


      たとえば、1ドル100円のときに1万ドル買って、1ドル99円のときに売った場合、その差額は1万円です。


      現物決済であればまず100万円を用意して1万ドルを買い、買った1万ドルを売って99万円を手にすることになりますが、差金決済の場合、実際に動くお金は差額の1万円のみになります。

      なので、証拠金が4万円であればそのうちの1万円がマイナスになって取引は終了ということになるのです。



      差金決済は値が下がると考えたものをいきなり売って、充分に下がったところで買い戻して利益を得たり、あるいは一日に何度も売買できるというメリットがあり、FX以外でも用いられています。